変わったサービスを提供している風俗店について

デリバリーヘルスは現在全国各地に広まった風俗の営業方法です。自宅の近くにもそういうお店の事務所があるかも知れませんから、ある意味風俗の一般化がより進んでいるといえるでしょう。

ところで、求人を眺めていますとある言葉が目にとまることがあります。

男性の首の臭いを嗅ぐ女性

障がい者高齢者専門

風俗のお店の中に「私たちのお店では障がいのある人、お年を召された人の性的サービスを専門に行っています」というところがあります。

「普通のお店とは違う」と言うことはわかるのですが、どうしてそのようなお店があるのでしょう。

性欲があって当たり前

世間の人たちの中には「障がいがあるなら性欲なんて無いだろう」とか「年をとったら性欲なんて無くなるはず」と思われている方が大勢いらっしゃいます。

だからこそこういうサービスがある求人に目がとまるわけですから、何ともむなしいものです。人間である以上、障がいがあろうと、年齢をいくら重ねようと性欲があるに決まっています。

ボランティアだけでなく

実際、性的なサービスを受けられなかった人たちに対してボランティアによる性的サービスの提供が最近多くなってきています。

しかし誰でも簡単にできるボランティアではありませんから、デリバリーヘルスという性的サービスのプロが障がいのある人や、お年を召された人の所に赴いてサービスを提供するのです。

生半可な気持ちで応募しない

時としてこういう求人に興味半分で応募される方がいらっしゃいます。お店側としては「ちゃんと働いてくれる人」を募集しているために、このようなサービスを行うことに対してちゃんと了解を求めてきます。

話半分程度のような、生半可な気持ちで勝手に応募するとお客様に多大な迷惑をかけることを肝に銘じましょう。

2年前